農家さんからご質問を頂きました!

え?

え?

※写真は一切関係ありません。

先日、なからっぽを検討していただいている農家様からご質問を頂きました。

なからっぽの内容がすごいのは分かったけど、なんでそんなに安いの~?

今回、検討していただいている農家様になからっぽの説明をさせてもらいました。
製品の内容についてはとても興味を持ってもらいましたが、その農家さんは、そこまでの製品ならばとても高額なのでは?と少し不安になったそうです。

先ほどの質問はそのあとに飛び出した一言になります。

なからっぽが安いのには理由があるんです!

確かになからっぽのシステムに近い他社商品に比べてみるとかなり格安だとおもいます。

なからっぽの魅力のひとつに「手軽に導入できる」が挙げられます。

いくら最高のシステムでも、実際に使用する農家さんが手の届かない金額では結局意味がないですもんね。

今回は、なぜそんなになからっぽは安いのか?を少し説明していきます。

理由その①:心臓部である○○を見直してコストダウン!

なからっぽシステムの確認になりますが、ハウス内に張り巡らされている配管を通して液体が噴霧されます。

噴霧が終了しましたら、配管内をエアーが流れ残っている残液をすべて押し出します。

配管内が全てからっぽになり、終了する場合もあれば、次に液肥など別の液体を流す場合もあります。

この一連の作業で必ず必要なのが「動力噴霧機」です。

この動力噴霧機は、この一連の流れをするのには欠かせない存在でまさに心臓部分ともいえる箇所になります。

今回、この動力噴霧機を見直して、実際に取り付ける際にはお客様所有の動力噴霧機を使用させていただくことになります。

その結果、その分の代金はとりませんので必然的にコストダウンに成功しました。

理由その②:配管材を○○に変更しました!

次に見直したのが配管材です。

通常、配管材といえば金属製が主でした。その方が圧力をかけても安心だと思います。

しかし、なからっぽの設置を一度でも見たことがある方ならご存知だと思いますが、かなりの量の配管材を使用します。

それだけでもかなりの金額がかかってしまいますので、なからっぽでは軟質素材に替えることにしました。

「え!?軟質素材で大丈夫なの?」

とよく聞かれますが、使用するものは、高圧・高温(80℃まで)に強いテフロン系の配管材料を使用しています。

その為、耐久性・耐薬品性は抜群に優れています。この配管材を変更したことによって、圧力が変わることなく大幅にコストダウンすることに成功しました。

それ以外にたくさんの理由があります。

もちろんそれだけではありません。

通常、なからっぽのメインであるミストを作り出す場合には特殊な機器を必要とします。

そういった、特殊な機器を必要とせずにミストを作り出すことも理由の一つです。

また、制御システムはアナログ式を採用していますので、堅牢性にも優れています。

さらに、噴霧するノズルは手軽に分解し洗浄できるようにしていますので、万が一中で詰まったとしても外して洗浄すれば元通りに使用することができます。

安価でもしっかり仕事しますよ!「なからっぽ」

いかがでしたでしょうか?

なからっぽがしっかりしたシステムでも金額が安い理由は伝わりましたでしょうか?

こういった頭上潅水っていろんな種類ものがあったりしますが、どうしても痒い所に手が届きそうで届かない商品って実際あったとおもいます。

なからっぽは、これまでありそうでなかった製品ですので、本当に農家さんの痒い所に手が届く製品になっています。

今回は価格の面からご説明しましたが、もちろん中身もしっかりしています!

またの機会になからっぽの詳しい製品内容についても触れてみたいと思います。

「そこまで待てないよ!」とおっしゃる方は下の資料請求のボタンから資料請求することも可能です。

百聞は一見に如かずで一度見て頂くとなからっぽの素晴らしさが伝わると思います!

それでは、また~!

 

 

 

なからっぽ®の資料請求はコチラから

「なからっぽ®」はハウス2反の噴霧を約15分で完了する効率的かつ効果的な噴霧システムです。

頭上より吊り下げられた特殊ノズルから4方向に噴射し、効果的な霧でハウス全体を包み込み植物の葉裏まで付着させることが可能です。

これまで面倒だった水やりや農薬散布の作業から解放されてみませんか?

製品のより詳しい資料をお希望の方はカタログを無料配布しております。お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です